猫部屋ライブ配信について。


Miaouは特定の地区(甲子園18個分の広さ 約700,000平方メートル)での野良猫と社会との関係性を数年間観察し、記録しております。

 

対象個体数            : 一年以上(成猫) 約40匹 半年以上(幼猫)一年以下 約15匹 半年以下(子猫)  生存率が低いため非公表とします。

(2016年)          : 流入猫(成猫) 13匹 

数年間観察対象個体総計: 子猫から成猫まで、数百頭以上。

 

この場所で暮らす野良猫達の生活風景をみていますと、人間と野良猫達の関係も知ることができます。

 

昨今、猫が注目されるようになり、人間社会と野良猫との関係性を多くの方が知り、飼い主のいない猫達にも関心が集まるようになりました。

野良猫の問題も議論されるようになり、各自治体で取り組まれております。

 

その施策の一つに地域猫・TNR活動があります。

※TNR 活動は、地域猫活動の基本となる考え方で、飼い主のいない猫の繁殖を抑え、自然淘汰で数を減らしていくことを目的に、

 捕獲(Trap)し、不妊去勢手術 (Neuter)を施して元のテリトリーに戻す(Return)活動のことです。 

  

地域猫については、行政と一体となり「目的と管理」が伴えば、とても素晴らしい活動だと思います。

そして、地域と猫との関係性が良くなり、猫への虐待が減れば犯罪率の低下等、良い面も多々あります。

  ※東京都新宿における引取件数(高木 2012)区内全刑法発生件数(新宿区 2013)との関連を調べると、134百件→105百件に減った。

 

しかし、イスラエルの都市で統計学的に調査した結果、流入猫が増えることにより、野良子猫の生存率が高くなり、結果、減少しない研究結果もあります。(Guntherら,2011)

 

海外では、犯罪をおかした人間と動物虐待との関係性が「必ず」あると研究データもあります。

日本での動物虐待歴と犯罪発生との関係性については、今後さらに調査事例の蓄積が必要である。との調査報告もあります。

 

兵庫県神戸市では、地域猫について、新たな取組みが議題になっております。(2016)

神戸市   人と猫との共生に関する条例 

神戸市 人と猫との共生推進協議会 

 

私自身が観察しています地域では、子猫の生後6ヶ月間生存率約30%、1年生存率約1%である。

そして、流入猫は年間に10頭以上。

この場所は、工場しかない四方を海で囲まれた埋立地です。

野良猫が快適に住める場所とは言えません。猫達の住みやすい地域ですと、生存率は大きく変わると考えております。

 

私が観察している地域の猫の増減数を見る限りでは、野良猫が繁殖して増えるより、流入猫(捨猫等)により増えております。

 

 

野良猫の問題は、地域猫・TNR活動や保護だけではなく、様々な解決方法があると考え、そのひとつとしまして、猫との生活をより身近に感じてもらうためにライブを始めました。

 

 

【猫部屋ライブについて】

 

猫との生活をありのままに放送しております。

 

猫(動物)との生活風景をご覧いただき、もしこれから猫(動物)と一緒に暮らすのであれば、

猫部屋ライブを見て、猫との生活をイメージしてくださればと考えております。

 

「終生飼養」「繁殖制限の措置」等、飼い主の責務を果たしながら、

猫(動物)との生活を楽しくできるよう、視聴者の皆様と一緒に、猫部屋は成長していきます。

 

猫(動物)との生活を始められる方、また、一緒に暮らしている方に「飼主の責務」を

今一度、考えて頂けれるチャンネル・ライブ放送になれば幸いです。

 

 

 


参考 機関・文献

 

環境省

姫路市動物管理センター

 

環境省 動物愛護部会 全議事録

猫の行動学 行動と問題行動

ドメスティックキャット その行動の生物学

イヌ・ネコ 家庭動物の医学大百科

ネコの愛護管理学